イラスト制作89日目 絵描き上達日記 成長記録

イラスト制作89日目 絵描き上達記録 成長記録
2018年9月29日土曜日
一項目建築系にのイラスト
今回も建築系のイラストに階段を選んで描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いた階段が模写をして描いたもので、左型に描いた階段がトレースをして描いた描いたものになります。
前に階段を描いたときの反省で階段の降りるところの縁的なところのゴムとか鉄になっているところを描いて描いて塗りこんで、それっぽい感じにしてみました、階段の縁的なところを描くときに意識したとこは、下の階になるにつれて階段の幅を小さくしていって遠近感を出してみました、わりと階段らしさを演出できたのでこれからも階段を描くときは遠近法的なことを考えら階段の縁以外にも応用していこうと思います。
階段の模写をしているときに横側の階段の壁を描くときにどうしても変な感じになってしまうので階段の壁にどのようなパースが載っているのかを調べたり考えたりしながら描いていこうと思います。
まだまだトレースをした方のクオリティが高いのですが、模写して描いた階段の方がイメージしている階段に近かったので、階段以外の建築系に関してもデフォルメ的なことに関しても意識しながらこれからは描いていこうと思います、どの部分を削ったり小さくしたり大きくしたりするとデフォルメ調になるのかとか、現実にある階段ぽくなるのかとかを描きながら研究していこうと思います。
建築関係に関しては一番ボカロオリジナル曲のMVに使いそうな感じなどでどの場面で使うようになるかとかを意識しながら写真素材などを選んでトレースや模写をしたり、脚本的な感じではどのような意図で建物の構図などを描いたかなどを意識して描いていこうと思います。
これからもいろんな種類やジャンルの建物系のイラストを描いていこうと思います。

二項目自然界系のイラスト
今回の自然系のイラストは滝を選んで描いてみました。
今回の滝はトレースをしながら描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
油絵的なブラシや水彩系のブラシを使って滝を描いてみました、あんまりいいクオリティにならなかったのですが、気づいたことや反省点を描いていこうと思います。
メインの滝の部分を描くときは、意識してどの方向からパースが載っているのかを考えながら描いていこうと思いました。
滝がの水が水面に落ちているあたりの水の描き方に関しては、滝の水が直接当たっている部分を白色で描いて表現して、その周辺の水が広がっていく部分に関しては、水面の水の色よりすこし明るめのいろで回りを縁取る感じ塗るといい感じで滝の水があたっている感じを表現できるのではないかと感じました。
それと、滝の水が落ちていっているときの後ろ側の水面にもさっき描いたことをするとよりリアルな感じで滝が描けるのではなかと思いました。
滝の周辺の洞窟や森も描き込めるようにいろんなものの知識や技術を身につけて自然系のイラストのクオリティを上げていきたいと思います。これからも滝以外のイラストも描きながらクオリティを上げていきたいと思います。

三項目人間系のイラスト
今回も手を選んで描いてみました。
今回はドローイングにも挑戦してみました短時間で大まかの線などを把握して観察力と線画の技術力などを伸ばしていきたいと思います
こぶしの状態の手を描くときに親指が小指まで伸びている感じの構図にして描いてしますので親指が中指の爪あたりまでになる構図で描くと握りこぶしにリアリティを持たせることができるなと描いているときに思いました。
いつも親指を描いているときに不自然な感じの太さや爪の曲がり方の親指になってしまうのでどんな感じで描けば目指している親指の絵になるのか描きながら研究していこうと思います。
親指の爪を描いていて気付いたことは、親指と親指の爪の繋ぎ目の線のところで、親指のしたから親指の爪の線を描くときに親指の線から盛り上がってくるように親指の爪の線を描くと親指の爪の方向を安定して描けるような気がしました、これからもこの書き方についてはいろんな角度の親指の爪を描きながら研究していこうと思います。

四項目アイテム系
今回はアイテム系については瓶を選んで描いてみました。
右側がに描いた瓶は模写して描いた瓶になります、左側に描いた瓶はトレースをして描いた瓶になります。
気づいたことや反省点や学んだこと
やっぱり曲線を多いものを描くのが難しくて苦戦しています、曲線をどんな感じで描いていいのかわからないので曲線に関して描きながら勉強していこうと思います。
花瓶を描く予定で瓶を描いていたのですが花を描くのが難しくて花を描かずに花瓶だけになってしまいました。
描き方を考えながらアイテム系については描いていこうと思います、これからもいろんなジャンルのアイテムを描いていこうと思います。

五項目抽象系
風的なものや音を絵にして表現したい思っています、描いていくものとして映像系に近い感じのものになると思います、出来ればGIF的なものにして抽象系の絵に関してはこのサイトで公開していこうかなと考えています、たとえばどんな感じの絵をGIFにして動かすかというと海外のMVで見かけるテキストにアニメーション的な効果を付けるもの単語だけにアニメーションをかけたものをGIFにして公開していこうかなと考えています。
たとえば、水という単語にテキストアニメーション的なアニメを付けるとすると水滴みたいな感じに水という単語をテキストアニメーション的なエフェクトで水滴を表現してみたりしようかなと思っています。
単語それぞれの意味に近い感じのものをテキストアニメーションにしてGIFにしてイメージを組み込んでみようかなと思っています。

六項目テクニック系
滝を描いているときに油絵系のブラシで描いているときに気づいたことで、今描いている色が青とすると他のところの塗り終わっているとこの緑色のとこから青色で塗ると少し緑色が伸びて青色と一緒に塗り込めることがわかりました、たぶんですが油絵系のブラシの機能で、色を段々と薄めたり濃くしたりできるのではないかと思いました、油絵ブラシについて詳しく勉強していこうと思います。

イラスト制作成長記録記事まとめ
昨日はイラスト制作記事を書けませんでした、その前の記事を書き終わるのが夜の11時頃になってから投稿したので、昨日書いて投稿する予定だったイラスト制作記事書いていたのですが、書いている途中で寝てしまって書けてないままに今日になっていました、出来るだけイラスト制作記事に関しては投稿するその日の深夜から描き始めて早い目に描き終えて最低でも7時までに投稿していこうと思います。イラスト制作記事を書き終わってから、仮眠なりなんなり取っていこうと思います。
描いた絵の画像をもっと見やすいように表示できないかブログ系のサイトや画像系の情報サイトで勉強していこうと思います。
それと、もっと項目を増やしていこうかなと思っています、デジタルで絵を描いているので絵のソフトに関する項目なんかも作っていこうかなと考えています、たとえばブラシ系に関することなどをまとめる項目などかを追加してその日に使ったブラシについてのまとめ的なものを書いていこうかなと思っています。
記事を書いているときに他の項目についても描きたいなと思うことがあるので項目を追加していこうと思います。
項目を追加することで一つの項目でまとめていく感じにしなくなって、分けて書くことにより一つ一つの項目でより深く書けるようになるのではないかと考えました。
これからもイラスト制作の記事を読みながら改善するところや気づいたところなどをまとめて文章能力を鍛えていこうと思います。

記事制作に関することまとめ
前のイラスト制作記事で3000文字を達成できたので、今回は4000文字を目指して描いてみました、なぜ4000文字書いたのかというと昨日の500字の分も今日の500字と足して記事を書いたからです、これから書く記事関係に関しては、目標として前の記事より500文字増やして書いていこうかなと思っています、最終的な目標としては一つの記事で1万文字を目指していこうと思います。
記事を書くときによく同じ言葉を繰り返したりとか、同じ文脈のことをや単語を繰り返し書いてしますことがよくあります、文章を書く能力が低いのであんまり適切ないいかたの言葉や文章を書けないのでどのようなことをすれば書けるようになるか考えていきたいと思います。文章を訂正する機能のついているwordとかのソフトで文章を書いたりなどして文章単体のクオリティを上げていきたいと思います。他には文章の書き方などを解説しているサイトや文章に関する書籍なんかを読んだりしてどのようにすれば文章能力が上がるか勉強したり研究していこうと思います。
これからもいろんな題材のものを書いたり読んだりして文章能力を身に着けていこうと思います。
これからもイラスト制作記事や段ぼーるstudoの記事を毎日更新していこうと思います。これからもよろしくお願いします。

段ぼーるstudioおまけ

youtubeなどにボカロオリジナル曲や自主アニメなどを投稿していますよかったらこちらにも遊びに来てみてください
よろしくお願いします
こちらがyoutubeのチャンネルのリンクになりますよかったら一度開いてみてくださいよろしくお願いします
https://www.youtube.com/channel/UCH1RMivlStgqoAz4HUKiEog?view_as=public

 

これからもいろんなジャンルの音楽や絵やアニメやCGを
作っていこうと思いますよろしくお願いします
チャンネル登録と読者登録よろしくお願いします
アドバイスや評価などありましたら
コメント等よろしくお願いします

コメントを残す