イラスト制作91日目 絵描き上達日記 成長記録

イラスト制作91日目 絵描き上達記録 成長記録
2018年10月1日月曜日
階段系のイラスト
建築系のイラストに階段を選んで描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
いつもは模写をしてからトレースをするのですが、今回はトレースをしてから模写をしてみました、正確な方の絵から描くことによりなにか気づけることがあるのでないかと思い試してみました
部屋の中にある階段ではなくて外にある階段を描いてみました。アパート系の階段が好きなので描いてみました。
階段したのポストを描こうと思ったのですがパースに関してまだまだなので描くのを断念してしまいましたわりと階段の板の部分に関しては自信が出てきたのですがまわりの手すりの部分や壁の部分やポストなどのどの場所の階段なのかを表すものに関してはまだまだ自信がないので自信が付けるために調べたりしながら描いていこうと思います。
どうしても模写をするときに平面的な感じなってしまうので度の線がパースに乗っているかとか考えながら描きていこうと思います、パースに乗っているかなどを判断するために構図の撮り方ややパースに関しての知識や技術を学んだでイラスト制作に役立てていこうと思います。
建築法なんかで踊り場の面積などが決まっているみたいなのでその知識なんかを使うとよりリアルな階段を描くことができるのではないかと考えています、脚本的な要素を絵に取り入れることにより説得力のある絵が描けるのではないかと思ったので脚本的な知識や技術に関しても学んだり、いろんなタイプのアニメなどを見て研究していこうと思います。

廊下系のイラスト
描いた理由
廊下の絵をアニメとか映画でよくみるのでボカロオリジナル曲などを絵を組み合わせるときにどのように組み合わせたら、どんな感じになるかなどの組み合わせたときの結果がアニメとか映画で参考になる場面が多いかなと感じたので廊下を選んで描いてみました。
玄関系のイラストと合わせてアニメーションで使ったりなど映像を作るときに使うときが多いなと思い廊下系を今回描いてみました、ボカロオリジナル曲なども作っているので歌詞と合わせたときに生かせるような構図などを研究しながら描いていこうと思います
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
他の建築系のイラストと比べてもパース的の乗り方などを意識するときに長い一直線の線が多いのでパースを意識して描くときにわかりやすいのかなと感じました。


玄関系のイラスト
描いた理由
アップ気味のカメラ構図の玄関を描いた理由はいろんな場面に応用できるかなと思ったからです、この構図だったら一人称で部屋に帰る感じを演出できるしホラー的な感じで三人称としても使えるかなと思ったからです、ホラー的な構図になるのは一人称と三人称の両方で使える構図だとホラーテイストな感じになるのではないかと思いました。これからもいろんな構図や、カメラワークの絵を描いて学んでいきたいと思います。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
ドアの模写をしているときにどうしてもアップ気味の構図の線になってしまってトレースした感じのパースに乗っかているような構図の線にならないので、始まりの線と終わりの線の角度がパースに乗っているような線になる要素になっているのではないかと考えてみました、トレースした方のドアの始まりと終わりの線の角度がすこしだけ始まりの線より内側に入り込むように線が走っているのでパースに乗っているような線になるのではないかと思いました、模写をして描いたドアの始まりと終わりの線は外側に行くように線が走ってあるので浮き出るようになってパースに乗っている感じにならないのではないかと思いました。
トレースや模写をするときは線の描き方について注意しながら、描いていこうと思います。

ベランダ系のイラスト
描いた理由
ベランダを描いて理由は日常感があっていい感じだと思ったのと置いているものとかでスートリーを感じやすいかなと感じたからです、たとえば植木とか洗濯ものとかがあるとどのような生活をしているのかが憶測できるかなと思ったからです、それと外側の背景に風景を描き込むことでどのような場所のベランダなのかとが描きやすいかなと感じたからです。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
今回描いたベランダでは、となりのベランダとを仕切る板的なものを切り抜いているものを描いてみました、元が画像の板的なものが割られていて縁に割られた形跡みたいなものがあったのですが細かい部分は描かずに大まかに切り抜かれている感じにして描いてみました。
洗濯をするときの棒状のものを描くのに苦戦しました、線の部分が多いので線と重なっている部分に曲線の部分がくっついているように描くのが難しかったです。
建築系のものを模写するときにいつもトレースをした絵よりズームをしているような絵になってしまうのでどのようにすれば、ズーム的な絵にならずにトレースをしたような正確な感じの絵になるのか研究しながら描いていこうとかなと考えています。
ベランダの手すりの的な部分を描くのが難しかったですトレースをするときにもどの角度から線を引いたらいいのか迷ってしまって模写をするときはぐじゃぐじゃな線になってしまいました。
どうすればぐじゃぐじゃな線にならずに角度を付けたきれいな線を引けるのか描きながら研究していこうと思います。
リビング系のイラスト
描いた理由
部屋系のものを描いてみたくて描いたみたのと、いろんなアニメや映画で部屋が登場するので、なにか映像作品にするときに参考になるものが多いので描いてみました。
マンションのリビング的なものを描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
トレースをするときにテレビ台を描くときに苦戦してしましいました、どの方向線を引けばいいかわからなかったのと、テレビ台の小物的なものを今回は省いて描いてみました。それとテレビ本体の描き方がわからなかったです、部屋のパースに沿ってテレビの線を引けばいいのかトレビ代の線に沿って線を引いたらいいのかそれともテレビだけは独自のパース線で線を引いたらいいのかわからなかったので、とりあえずはテレビだけ独自のパース的な感じしてみました、パースについてもあんまり理解できてないですが。とりあえずはリビングを描いてみました。
模写をした方の絵はリビング的な感じじゃなくて窓際の構図で魚眼レンズ的感じになってしまいました、どんな感じで線を引けばいいのか描きながら研究していこうと思います。

ワンルーム系のイラスト
描いた理由
物語性を感じさせる絵を描くときにワンルームだと一人暮らしなのかなとかを連想しやすいのでワンルームを選んで描いてみました、それと描き込みところがロングレンジにならないので、細かいところを描いても、時間をあまり使わずにクオリティの高い構図の絵になるのではないかと思ったからです。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
元の画像はカーテンのレースが越しにベランダのドアが透けている感じの画像だったのですがそこまで描ける技術がないのでカーテンの主の部分を縛っている感じの絵にカーテンの部分はしてみました。
トレースをするときは何本か線を引くだけでワンルーム感をだすことが出来るので構図の練習とかにいいのかなと感じました、ベッドの線が部屋の上の線と近い感じの消失点に向かって伸びているのかなと思いました。ベッドの終わりのところの線が曲線になっているのでうまく描けませんでした。直線から曲線になる絵の描き方について描きながら研究したりして勉強していこうと思います。
これからもいろんな種類やジャンルの建物系のイラストを描いていこうと思います。

花系のイラスト
描いた理由
コスモスを今回は描いてみました。
花系のイラストを描いて理由は抽象的な感じと具体的な感じが合わさった感じがするからです、花言葉とかを自分が作っているボカロオリジナル曲に使ったことががあるのですが、そのときにもい動きのない映像のときに花の絵をいれることで、歌詞と花言葉を連想させることにより抽象的な感じを出しつつ、花言葉があるおかげで具体的なものに結び付けやすいと思ったからです。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
模写をしているときにとくに思ったのが花びらの重ね具合でどの方向に花が向いているのかとか、どのような構図での花の絵なのかとかを表現できるのではないかと思いました。重ねる場所によって花が上を見ているように見せたり、俯いているように見せたりなどをいろんなバリエーションを使った見せ方ができるなと感じました。花言葉についてなども調べていって歌詞と曲と絵の組み合わせをいろいろと試していって相乗効果を高めていくような総合創作的なボカロオリジナル曲などを作っていこうと考えています。これからも音楽との組み合わせ方などを視野に入れながら絵の知識や技術を身に着けていこうと思います。

虫系のイラスト
描いた理由
カブトムシを描いた理由は夏のシンボル的な要素が含まれているからです、それとパーツごとに分かれている感じが描きやすいかなと思ったからです。
アニメーションや音楽のMVでカブトムシの絵をいれると夏感が出るので夏を演出するための絵としてカブトムシについて今のうちに調べていってどのような感じで組み合わせるといいのかなどを考えた結果、カブトムシを選んで描いてみました。他にも花火などもスイカも夏を思わせる要素が含まれているので、花火やスイカに関しても描きながら曲と歌詞などの組み合わせ方などを考えながら調べていこうと思います。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
トレースをしているときに気づいたことで、カブトムシの足の部分は一本の付け根から伸びるパーツとそこからさらに伸びていく足のパーツの二つで構成されているのかなと描いているときに思いました、二つ目の足のパーツの部分は竹みたいな感じで筒のような感じになっていて、それと少し外側に向いている返し的な部分で二つ目の足のパーツはできているのではないかと思いました
いろんなものを描いたなかでカブトムシに関しては思ったより描きやすかったです、一つ一つがパーツの集まりみたいな感じになっているので線のすみわけがやりやすいくて描きやすかったのかもしれません。

鳥系のイラスト
描いた理由
前にもすずめを描いたことがあるので今回も鳥類系のイラストに慣れてなかったのですずめを選んで描いてみました。
個人的にすずめなど鳥が好きなので描いたのもありますが、アニメーションにするときに動きなどのイメージがわきやすいかなと思ったので描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
羽をどう描いていいのかわからなかったのでとりあえず線を重ねていって羽的なものを表現してみました、書き終わってから思ったことは、一つの大きめの羽のようなパースを考えてそれを何枚か重ねていって一つの翼にするのがいいのかなと思いました、身ながらかいた画像のすずめの羽は微妙にですが、一つの羽のパーツが何枚か重なって翼のようになっているなと感じたからです、
羽のテクスチャ的なものを作って羽のとこに張り付けて羽を表現してみるのもいいのかなと感じました。
すずめ以外の鳥類に関して描いていこうと思います。
もっと映像にしたときのことも考えながら素材を選んで描いていこうと思います。
これからも意識しながら絵を描いていこうと思います。
狼系のイラスト
描いた理由
前にも狼を描いたことがあるのですがそのときは正面から狼の顔の絵だったので今回はすこし斜めからみたときの狼の顔を選んで描いてみました。あんまり動物を描いたことがなかったので、動物を描くことによりなにか気づくことがあるじゃないかと思ったので描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
狼というよりはマングース的なものになってしまいました
毛を一本一本描いていくと時間が掛るのでテクスチャなどを貼って短時間でリアルな毛並みを表現できないかテクスチャについても勉強したり描きながら研究していこうと思います。
耳を描いているときに思ったことで、三角を耳にたとえてそのなかにまた三角を描くことにより、耳らしい感じを演出できるのではないかと思ったので三角を耳にたとえてみました。
狼の特徴などを調べたりしてクオリティの高い狼を描けるように描きながら研究していこうと思います。

人間系のイラスト
描いた理由
前からイラスト制作で手を描いているのですが、企画というか練っている案のなかに手を音楽と組み合わせて、アニメーションという形で音楽と組み合わせる方法を考えなら手を描いています。
どのような組み合わせ方なのかというと歌詞に合わせて手話などのハンドサインを使って歌詞とアニメーションに関係性を持たせて総合的な動画としてのクオリティを高める方法を試してみようと思っているので手を描いています。
今回も手を選んで描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
右側に描いたのが模写をして描いたもので、左型に描いたのがトレースをして描いた描いたものになります。
こぶしについては何回も描いているのですが、親指がどの方向に倒れているのかきれいに描けないので苦戦しています、どうしても親指が違和感のある感じの絵になってしまうのでどうすれば、親指が寝ている感じを表現できるのか考えています、親指の爪の側面だけを描けば、親指が全体的に寝ている感じを表現できるのかもしれません。わりと小指側の側面の感じがだせているのかなと自分では思っています、人差し指川の側面はまだまだですが、立体的な感じを出すには側面が重要だと思うのでこれからも側面の描き方について描きながら研究していこうと思います。

眼鏡系のイラスト
描いた理由
普段PC眼鏡を掛けて記事を制作したり創作物を作ったりしているので、その眼鏡を観察しながら眼鏡系のイラスト描いてみました
気づいたことや反省点や学んだこと
一番左上のメガネの絵が自分の掛けているメガネに似ているのですが、他のメガネの絵は見ながら描いたのですが、他の種類のメガネになってしまいました。
立体感を出すために耳に耳に掛ける部分のところを描いたのですがどうしても左側に大きくはみ出す感じで耳を描ける部分ができてしまいました、どのように描けば耳を掛けるところの部分を描いて立体感のあるリアルなメガネにできるか考えながら描いていこうと思います。
模写しているときに気づいたことで眼鏡のフレームを描いているときに片方のフレームを描いてまた違い方のフレームを描くとバランスを保ちながら描けるなと描いているときに思いました。
レンズの周辺に関しては少し前に曲がっている感じを出すと机に置いているときの立体的でリアルなメガネになるのではないかと思っています。
これからもいろんな眼鏡を描いていこうと思います。
これからもよろしくお願いします。

グラフィティ―のイラスト
描いた理由
ヒップホップ系のグラフィティーがかっこよくて好きなので描いてみました。モーショングラフィックなどに応用できるのではないかと思ったので描いてみました。
気づいたことや反省点や学んだこと
前にもグラフィティ―的なもの描いたときに影的なものやテキストの色違いのものをずらして奥行きある感じを出したものを描いたことがあるのですが、おもってたよりいいものにならなかったので今回はシンプルに太文字的な感じで描いてみました、背景的なものにレンガを入れて一回描いてみたのですが描いたグラフィティーと背景のレンガの絵がぜんぜんあっている感じというが下手な合成画像的な感じなってしまったのでこの方法はやめました3Dを作っているときに知った情報でパースの設定を使った壁の画像をテクスチャとして自分で作った建物に貼って壁の柄を作っていく技術を紹介している動画があったのでその技術を使えばグラフィティーを壁に描いた感じを出せるのではないかと思いました
その技術を使うにはグラフィティー単体でのクオリティが高くないと使ってもいい感じにならないのでまずはグラフィティ―単体でのクオリティを高めるためにいろんなタイプのグラフィティーを描いていこうと思います。
最初は手書きでグラフィティー的なものを描かずにテキストを使ったグラフィティーを作っていたのですが、グラフィティー特有のポップ感のある曲線が作れなかったのでテキストを使ったグラフィティーは断念しました、たぶんですがフォントの種類によってはグラフィティー感のあるフォントがあると思うのですがフォントに関して全然詳しくないので、テキストではグラフィティー的なものを作れませんでした、フォントに関しては歌詞を表示するときにも使うと思うので調べて詳しくなっておきたいと思います。ある程度標準的なものを知っているのですがどんな感じのフォントがあるのが調べていこうと思います。

構図やパースやテクニック系
少しずつですが建築系のイラストを描くのに慣れてきたのでパースや構図についても勉強していこうかなと考えています。
パース系の本を買って読んでいたのですが、あまり詳しく読んでなかったのでネットでも調べながら、パースについて学んでいこうと思います。
デジタルでイラストを描いていてクリップスタジオというソフトで描いているのでレイヤーに関してのテクニックやブラシ系に関してのテクニックやパースを引いたりできる定規に関するテクニックなどを身に着けてテクニック系の行に書いて生きたと思っています。いろんなテクニック系に関する記事などを読んでテクニックを身に着けてイラスト制作記事に書いていきたいと思います

イラスト制作成長記録記事まとめ
前までは項目別にいろんな種類の絵を描いていて、建設系や自然系や人間系などに分けて描いていたのですが、今回のイラスト制作記事では、項目別に分けずに階段系イラストや眼鏡系イラストや花系イラストのように描いたイラストの名前をなになに系のように表示するようにしました。このタイプの表示の仕方によりいちいちナンバリングしていた項目系より描いたイラストの名前を表示することで、記事を描いている途中でまだ描きたいイラストがあるときに追加で記事に追加して書き加えることが簡単にできるようになりました。それとイラストを画像として表示したときに小さいイラスト画像で表示していたのですが、画像の大きさをいじれることがわかったので、トレースした絵と模写した絵の両方をいっぺんに見えるようになったので、前よりスムーズに絵の比較ができるようになりました。
今回の個別の記事で描いた理由という行を追加しました、この行ではどのような理由でその絵を描いたのかを説明などをしています、どんな感じで説明しているかというと、たとえばアニメーションにしたときに既存のアニメでよくみるモーションなどを比較してアニメーションを作れるためにそのモデルの絵を描いて素材を作るために絵を描いている理由にしたり、自分が作る予定のボカロオリジナル曲の挿絵的な感じとしてその描いている絵を使うために描いている理由などにしています。
なぜそのような理由で描いているかというと、段ぼーるstudioの記事と創作物の両方の効率化を図っているためです、絵と音楽や映像を別々の目的で作っていると時間配分をするときにいつも偏りだできて、偏りできてその偏りを修正するためにまた時間配分を考えて変えていると時間配分を考える時間がいるようになってしまって結果的に全部がどっちつかずの状態になるため、まず最初に大まかな感じの総合創作物としてボカロオリジナル曲と映像を考えてその両方が関係性をもつように脚本的な感じのものを少しでも考えついてから絵や映像や音楽を描くように少し前ぐらいから考えて創作物とメディア系のものを作っています。
今回のイラスト制作記事で大まかな記事の書き方を決めることができたのでそれに沿ってこれからのイラスト制作記事を書いていこうと思います。できる限り読みやすくて量と質の高いイラスト制作記事を書いて作っていこうと思います。
一つのイラストに関する質を上げるために、制約的なことを設けて記事を書いていこうかなと考えています、一つのイラストに関することで1000字以上を書くことなどを制約にして書くと量と質を上げることができるのではないかと考えています、いろんな制約を作って記事を作るときに試していこうと思います。
これからもよろしくお願いします。
これからの目標としては大まかな感じのものをまとめたものをイラスト制作記事にまとめていき細かいところのテクニックや考え方などをまとめたものを個別の記事にしていきたいと思っていますそれをするためには、イラスト本体のクオリティがないと説得力がないのでイラスト本体の力を身に着けていこうと思います。

記事制作に関することまとめ
今回は一万字を目指してイラスト制作記事を書いてみました。
昨日出す予定だったイラスト制作記事がイラスト書くだけで夜になってしまってテキスト面の方に時間を回せませんでした、なぜ時間がかかってしまったかというとどのようにしたら効率的にイラスト制作記事などのメディア系の記事とボカロオリジナル曲やイラスト制作の時間を割って一日のうちに出来ることを増やしながら量と質を上げながらできるのか考えながらメディア系のイラスト制作系の記事を作っていると夜が来てしまいました。
結果的には大まかなことを決めることが出来たので効率的になったのですが、昨日のイラスト制作記事の分は今日に持ち越しになってしまいました。
昨日作る予定だったイラスト制作記事みたいに4000文字以上の記事を作っていると夜になってしまったのですが、今日作っているこの記事は一万字を超えているのですが今日のうちに仕上がりそうなので効率化ができたのかと思います。
一日に5つの記事を書けるようにどうにか効率化を図りながら量と質を上げていこうと思います。
量の方では自信はあるのですが、質の方はまだまだでそれとどのようにしたら質を上げることができるか模索中なので早いうちに質の上げ方に関して答えを出せるように考えたり調べたりして見つけていこうと思います。
最近はボカロオリジナル曲などを作曲や作詞の方に時間が割けなくなっているのでそちらの方にも十分な時間を割けるように効率化を図っていこうと思います。
イラスト記事の目標としては量に関しては毎日一万文字の記事を更新するのと質に関してはPV数を1000以上を保つことです。
質を図る方法はPV数などの明確な数字になってくるかと思いますたとえ一万文字を書いてもPV数などの明確なものとして見えてこないと意味がないので量と質を上げるために研究したりと学びながらイラスト制作記事を作っていこうと思います。
前の記事より500文字増やして書いていこうかなと思っています、最終的な目標としては一つの記事で1万文字を目指していこうと思います。
これからもイラスト制作記事や段ぼーるstudoの記事を毎日更新していこうと思います。これからもよろしくお願いします。

段ぼーるstudioおまけ

youtubeなどにボカロオリジナル曲や自主アニメなどを投稿していますよかったらこちらにも遊びに来てみてください
よろしくお願いします
こちらがyoutubeのチャンネルのリンクになりますよかったら
一度開いてみてくださいよろしくお願いしますhttps://www.youtube.com/channel/UCH1RMivlStgqoAz4HUKiEog?view_as=public

これからもいろんなジャンルの音楽や絵やアニメやCGを
作っていこうと思いますよろしくお願いします
チャンネル登録と読者登録よろしくお願いします
アドバイスや評価などありましたら
コメント等よろしくお願いします

コメントを残す