イラスト制作82日目 絵描き上達日記 成長記録

一項目建築系にのイラスト
今回も家を題材にして描いてみました
二つとも同じ題材のものを描いています、右側の方に描いた家は模写をして描いた家で、左側に書いた家はトレースをして描いた家です、やっぱりトレースした家の方が立体感があるのですが自分で模写した方の家は平面な感じと荒い感じがするので、家そもそもの描き方などを調べて、それとパース的なもの遠近法的なものに関しても研究して絵のクオリティを上げていきたいと思います。

二項目自然界系のイラスト
山を題材して描いてみました
右の方の山は模写をした方で左の方の山はトレースしたものになります、線画系の技術が上がれば山が綺麗に描けるのかなと思いました。どこの線を描いたらいいのか迷ったので山自体の描き方などを調べて、線画系の技術についても調べて絵全体のクオリティを上げていきたいと思います
山以外にも海とかも描いていこうと思います

三項目人間系のイラスト
今回も人間系のイラストに手を選んで描いてみました
手首から描き始めて最後に指を描く手順で描いてみました、最後に描く指のところで爪を描いているときにどうしても爪が平面的な感じになるのでそこを克服したいと思います、指と爪の間を広めにとったりするといいのかとか指から爪になるところの爪の線を少しだけ下げて描くと立体感がでるのかなどを描きながら研究していこうと思います
他の部位も描いていこうと思います

四項目アイテム系
今回は瓶を描いてみました
瓶をどう描いていいのかわからなかったのでとりあえず描いてみました。描いていく途中であたり的なものを引いてから描くと瓶が綺麗に描けるのではないかと思ったので真ん中の瓶はあたりを描いてから描き始めました、両側の瓶よりあたりを書いて描いた瓶の方がクオリティが少し上がったのでアイテム系を描くときはあたり書いてから描いていこうと思います

五項目はテクニック系について学んだことをまとめてみました
今回は遠近法の知識を増やしたら画力が上がるかと思ったのでいろんな絵のサイト見てたりして調べてみました。
遠近法を使うと奥行きのある絵が作れるらしいので調べていると一点透視図法というものがあるので調べてみました。
一点透視図法では奥行きに関係するX軸に関することのようで、消失点という点が一つできるのが一点透視図法ということと、愛レベルという基準になる線の上に重ねるようにできるものということがわかりましたアイレベルについてはまた調べていこうと思いますアイレベルが平行線だけなのかとか目の高さなのかとかを調べていこうと思います
一点透視図法を使うと奥行きのある部屋や奥行きのあるものなどを描けるようになるということなので、一点透視図法や遠近法についてもっと詳してなろうと思います

これからもいろんなジャンルの音楽や絵やアニメやCGを
作っていこうと思いますよろしくお願いします
チャンネル登録と読者登録よろしくお願いします
アドバイスや評価などありましたら
コメント等よろしくお願いします